ドイツ語習得の極意

ドイツ語は英語よりも、日本人にとっては馴染みやすい一面があります。ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語が日本語に似ていると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。



ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語を母国語としているのはドイツ連邦共和国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、ドイツ語が背景となっている、あるものに関心を持ったからかもしれません。ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。
| - | 20:10 | comments(0) | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--